【小顔になれる美容整形】ボトックス副作用を事前にチェック

医師

医師を選べば大半は解決

注射器

認可を受けた薬剤を選ぼう

厚生労働省から認可されているなど、ボトックス注射は安心して受けられることが特徴の美容治療です。しかし、作用があれば必ず反作用があるのも常ですので、ボトックス副作用に関しても、予め把握しておきましょう。主なものではシワ取りや小顔治療として顔に注射した場合、局所性の顔面神経麻痺といった症状が出るケースもあります。例えば表情を作ろうとしても、上手く表情筋を動かせないなど、治療を受ける前とは少し違った違和感を覚えるのが特色です。ただし、ボトックスは元々筋肉活動を制御する働きがあり、その効果を応用したのが美容治療ですから、正確にはボトックス副作用ではなく主作用とも呼べます。このボトックス副作用が出るパターンですが、その人が持つ筋肉量に対して、多めにボトックスを注入したことで見舞われる場合があるのです。つまり、個々の患者に合わせて適切な量を注射すれば、このボトックス副作用は大幅に抑えられるようになっています。また、痛みもボトックス副作用に数えられますが、その対策として極細の注射針を使い、痛みの少ない美容治療に取り組まれているクリニックも見られるのです。そのほか、急激にボトックスを注入した場合でも痛みを感じることが多いため、ゆるやかなに注射してくれる医師に治療してもらいますと、一層痛みが抑えられます。それらの点から、確かな注射技法を身につけているドクターを選ぶことで、ボトックス副作用の大半を回避できるのが特色です。一方、ボトックス副作用には、使用する製薬剤の違いに起因するケースもあるとされています。そもそもボトックスは米国の製薬会社が製造する商品名であり、国が認可しているのはボトックスビスタだけです。ところが美容治療ではボトックスビスタのほか、違うメーカーが製造した同種の薬剤を使う場合も少なくありません。ひとえに価格が安いというのも大きな理由ですが、純度から見ましても、値段に比例して品質が落ちるのも一般的です。その結果ボトックスビスタなら本来ない筈の副作用が、見られる場合もあるかもしれません。その点からも、ボトックス治療を受ける場合は多少高くても、安全面に優れるボトックスビスタの注入を受けるのがポイントです。