【小顔になれる美容整形】ボトックス副作用を事前にチェック

きちんと理解する事が大切

注射

ボトックス副作用は頭痛や顔の表情が固まってしまうなどの症状が発生する時があるので注意しないといけないです。その他にも症状が酷い場合には、目に関する症状や呼吸困難など日常生活にも支障を起こしてしまうので、気を付けないといけません。

はじめまして新しい自分

一般的なのは頭痛

女の人

1ヶ月以内に改善する

注射をするだけで、しわが消えたり、エラがなくなったりするという夢のような美容施術がボトックスです。そのほかにも、足痩せや多汗症の改善など、様々な効果があります。しかし、ボトックス注射の薬剤は、ボツリヌス菌を生成したものから作られています。ボツリヌス菌と言えば、猛毒として知られるため、安全性も気になるところです。しかし、美容施術に使用されるボトックスは、体に悪影響を及ぼす心配はなく、安全性は保障されています。安全性はしっかりしているものの、ボトックスによって副作用が出る人もいます。ボトックス副作用には、どのようなものがあるのでしょう。ボトックス副作用において、最も一般的な症状と言われるのが、頭痛、まぶたの下垂、注射部位の痛みです。ボトックスは、頭痛を緩和するために使用されることもありますが、頭痛のない人が使用することにより、ボトックス副作用として頭痛の症状が現れることがあります。まぶたの下垂は、眉間のしわをとるためにボトックスを注射した時に、目の周りの筋肉の動きが緩慢になり、目が開けにくくなったり、まぶたが重くなったりするなどの症状が出ることがあります。注射部位の痛みに関しては、異物が注入されたことによる反応で、痛みや腫れ、熱っぽさが出ることがあります。これらの一般的なボトックス副作用は、注射から1週間から1ヶ月で解消されるので、それほど気に病むことはありません。ボトックス副作用において注意しなければならないのは、妊娠中や妊活中、授乳中の人です。ボトックスの原料であるボツリヌス菌は、乳児や胎児に影響を及ぼすことが知られています。ハチミツを幼児が食することが禁じられているのは、ボツリヌス菌が含まれているからです。そのため、妊娠中の人や授乳中の人がボトックス注射をすることによって、胎児や乳児に悪い影響を与える可能性があります。そのため、妊娠中や授乳中の人は、ボトックス副作用の事を考慮に入れ、卒乳するまで行わないほうが良いでしょう。また、女性だけでなく、男性にも当てはまることなので、夫婦そろって注意することが大切です。

料金ではなく安全性が第一

先生

ボトックス副作用を回避するために気をつけることは、信頼できるボトックス製剤を使用しすることと、技術力の高い意志の施術を受けることです。副作用は、半年もたてば解消されますが、快適に過ごすためにも、安全性を第一に考え施術を受けましょう。

医師を選べば大半は解決

注射器

ボトックスの主作用が強く出た場合、神経麻痺などの副作用が出る場合もありますが、確かな技術を持った医師に治療してもらうことで、大半のボトックス副作用は防げます。また副作用を回避するためにも、国の認可を受けたボトックスで美容治療を受けましょう。

優秀な病院を選択する事

看護師

ボトックス副作用は、表情の硬直もしくは眉毛ラインの変化など深刻な状況を生み出す恐れがあるので要注意です。最悪のケースとして、様々な合併症を発症させてしまい、命の危険が出てくる時もあるので、優秀な病院を選ばなくてはいけません。

ボトックス注射のメリット

女性
ボトックス注射は顔などのしわを改善するために行うことが多いですが他にもたくさんのメリットがあります。しかし、ボトックス副作用や施術後の違和感が出る可能性もあります。ボトックス注射を行うためにメリットやデメリットをしっかり考えておきましょう。